映像制作・CM制作のVision21

映像制作・CM制作のVision21

恒例の静岡ロケ

ここ数年、毎年12月に静岡に撮影に行っています。
目的は富士スピードウェイで行われる「Vitz6時間耐久レース」。

IMG_0780

富士山と富士スピードウェイ

富山市新庄に本店がある「ネッツトヨタ富山」さんのレースチームの同行取材です。
ネッツ富山さんは会社でレースチームがあり、年間かなりの数のレースに参戦しているとのこと。
ドライバーもエンジニアも社員で構成するチームでの参戦はちょっと珍しいそうなのですが、知った間柄だからこその連帯感があり素晴らしいチームです。
さて。この「Vitz6時間耐久レース」には、ネッツ富山さんが初めて参戦した5年前から取材を行っていますが、1年目以外は「必ず何かが起って」います。
その「何か」というのは当然「アクシデント」。で、今年もやっぱり起ってしまいました。しかも今年は私にとっても痛いアクシデントでした。

当日、私は朝から胃痛がひどく、レースが落ち着いてきた昼すぎにピットを離れクルマの中で横になっていました。駐車場にはレース実況が大音量で聞こえています。
すると突然「ネッツトヨタ富山のクルマがピットに入りました。どうやら何かトラブルのようです。」という実況が聞こえるではありませんか!
慌ててクルマを飛び出しワタワタになってピットに走った私。顔はたぶん青ざめていたはず・・・
幸いにもカメラマンのY氏がピットにおり、カメラをまわしてくれていたからよかったものの寿命が縮まりました。
やっぱり体調悪くても現場離れたらアカン。教訓。そして大反省です・・・
この「何が起ったか」は、26日(土)の放送をご覧下さい。富山テレビ放送で午前11時40分から放送です。

Return Top