映像制作・CM制作のVision21

映像制作・CM制作のVision21

暑い夏にはドジョウ

今年の土用の丑の日は、7月25日と8月6日の2回なんですね。
「一の丑」「ニの丑」と呼ぶらしい。知りませんでした。

土用の丑の日と聞くと「う・な・ぎ」を思い浮かべる方も多いと思います。
うなぎの蒲焼。最近はとっても高くて、なかなか口にすることができないのですが
富山県西部では、うなぎの蒲焼ならぬドジョウの蒲焼が夏の味として親しまれています。
ドジョウの蒲焼は、金沢の名物でもありますが、富山では、南砺市周辺でよく食されています。
さらに、福光では、土用の3番に「ねつおくり」という豊作を願い田んぼをまわる行事がありますが、
田んぼをまわる前には「ドジョウの柳川」を食してから出かけるという風習があります。
そういう文化もあってか、この季節、南砺地方のスーパーには、ドジョウが売られているそうです。

先日、番組で生きたドジョウを使うことになりました。
ちなみに、私の出身地・黒部では、ドジョウは食べません。なので、スーパーに売られているのを見たことがない私は、半信半疑で南砺市の某スーパーに買いに行きました。
すると、ちゃんと「うなぎの蒲焼」の横に売られているではありませんか。パックに入った「生きたドジョウ」が。
パックの中でピチピチ飛び跳ねるドジョウ。
迷った挙句、1パックだけ購入しました。

IMG_2538

ドジョウは、秋田産のちょっと小ぶりのやつらでしたが、なかなかの元気ぶり。
さらに、小ぶりということもあって、まるでメダカのようで、泳いでいるのを見ているとなかなかに
楽しいのです。
スタッフのみんなも最初は、「かわいい」「飼いたい」などと言っていたのですが、
さすがに番組が終わった後に「飼います」と手を挙げる人はおらず、ドジョウは結局、私が持って帰ることに。
事務所で飼おうかな、と一瞬血迷いかけた私でしたが、置いて帰った次の日の朝に、ぷか〜と浮かんでいる姿はさすがに見たくない。
ということで、勇気を出して、調理しました。
どう調理したかは、文章にするとさすがに残酷なので省略しますが、買ったのが1パックだけで本当にヨカッタ。
写真は作った柳川です。小ぶり具合がちょうどよく、大変美味しゅうございました。
合掌。

【吉】

IMG_2540

Return Top