映像制作・CM制作のVision21

映像制作・CM制作のVision21

若いトウモロコシは。

夏に美味しくいただける食材のひとつ、トウモロコシ。この時期は、生のトウモロコシが出回っていて、いろんな料理に活躍します。焼いて食べるのは王道ですが、歯並びの悪い私はかじった後の諸々の処理が大変でそれはできない。ということで、生のトウモロコシが手に入ると作るのがこれ。

トウモロコシごはん。トウモロコシを芯に沿って削いだら、芯の部分も一緒に入れて炊き込みます。芯からもうまみが出て、香り高い炊き込みご飯に。シンプルに塩だけの味付けバージョンも美味しいですが、トウモロコシをバターと醤油で炒めて、芯と炊いたご飯に合体させる濃厚トウモロコシごはんもおすすめ。うまいものは塩分・糖分・脂肪分でできている!と実感します。

ところで。今回の生トウモロコシは、Tディレクターがいただいてきた庄川町の温泉で育てたトウモロコシだったのですが、おまけでこれ↓もいただいてきました。

ヤングコーン!

私、勘違いしていたのですが、ヤングコーンって品種名じゃなくて、文字どおり若いトウモロコシなんですね。。。ちなみにヤングコーンのめしべ「絹糸(けんし)」は柔らかく、食べることができます。

サラサラとしていて、ちょっと金髪にも見えて、、、艶かしいです。

この絹糸の本数とトウモロコシの実の数は一緒なんだそうです。数えませんが。根気のある方は挑戦してみてください。

【吉】

Return Top